割れる?スカスカ?前髪が薄いメンズに教えたい4つの原因と対策!

ワックス 画像

かっこいいヘアスタイル作りに余念がないおしゃれメンズのみなさんは、こんな経験ありませんか?

・マッシュヘアなど、前髪を下ろすヘアスタイルが上手く決まらない
・前髪が割れてすき間が出来てしまい、スカスカになる
・最近なんだか前髪が薄くなってきた気がする

男性が髪をセットする時に、意外と悩む部分だと言われているのが前髪。

せっかく朝から髪を濡らしてしっかりドライヤーをかけて、そしてワックスまで付けたのに「最後の前髪が上手くキマらない・・・」なんて、なんだか一気に萎えてしまいますよね。

そこで今回は、そんな前髪作りに悩むメンズに向けて、前髪が割れてスカスカになってしまう4つの原因と、その対策法をご紹介していきたいと思います。

また、もう悩まない!前髪がスカスカで割れる男性向けヘアスタイル12選で前髪作りに悩まなくてすむようなヘアスタイルもまとめていますので、良ければぜひ参考にしてみてくださいね。

メンズの前髪が薄い・スカスカ・割れてしまうつの原因とは?

では、前髪が割れてスカスカになってしまう4つの原因とその対策法をご紹介していきます。

前髪にお悩みの男性は今からご紹介するどれかに当てはまっていると思いますので、ぜひその解決法まで合わせて参考にしてみてください。

原因その1 前髪がスカスカなのは髪の長さとおでこの広さが関係している!?

アップバング 髪型前髪にすき間が空いてスカスカになってしまう一番の原因だと言われているのが、おでこの広さと前髪の長さが合っていないから。

これは、前髪が長くおでこが広い人ほど前髪のすき間から見える地肌の面積が多くなってしまい、髪が薄く見えてしまうため。

そのために、普通の人なら気にならないような髪の長さでも、おでこが広い人ほど前髪の根本までおでこが透けたように見えてしまい、スカスカで薄い印象になってしまうのです。

おでこが広い人は前髪を短めに!もしくは「チラ見せ」を意識して!

なので、おでこが広く前髪から地肌が透けて見えやすい人は、思い切って前髪を短くするとGood!

前髪を短く整えることによって地肌の透け感を減らすことができ、スカスカとすき間が空いて見えるという問題を防ぐことが出来ます。

しかし、「おでこは広いかもしれないけどどうしても長い前髪を下ろしたいんだ!」というメンズも居ますよね。

そういう男性は、前髪を左右どちらかに寄せる「七三分け」や、あえておでこをチラ見せする「コンマヘア」がおすすめ!

パーマ 画像コンマヘア 画像広いおでこを隠そうとせずあえて露出することによって、スカスカの前髪がむしろシースルー感を演出し、おしゃれな印象を作ることが出来ますよ。

韓国男子に学ぶコンマヘア!グクも愛したメンズ髪型とそのセット方法

美容室での前髪の梳(す)きすぎには注意!

みなさんは、美容室でカットをお願いするときに、「髪を梳いてください」なんて注文をしたことはありませんか?

男性にとって髪を梳き量を減らすことは、かっこいいヘアスタイルには欠かせない「束感」を作りやすくする行為。

また、ヘアスタイルのボリュームを抑え思い通りのシルエットを作るためにも、髪を梳いて量を減らすのはとても重要ですよね。

しかし、前髪を梳きすぎると、実は髪が割れてスカスカになってしまう原因となることも。

前髪を梳くことで毛の密度が減るとおでこが透けやすくなり、しかも前髪が束になって割れやすくなってしまいます。

そのため、美容室で髪をカットしてもらう時は「前髪はあまり梳かないようにしてください」と注文し、髪をセットしたときに前髪が割れないように気を付けると良いでしょう。

原因その2 前髪が割れるのはワックスの付けすぎが原因かも?

ツーブロック 髪型また、前髪が束になって割れてしまうのは、ワックスの付けすぎが原因となっている可能性も。

ヘアワックスは髪を油分で固め、思い通りに動かすことが出来るメンズにとって必要不可欠なアイテム。

しかしそんなワックスも前髪に付きすぎてしまうと、前髪同士がくっついて余分な束を作ってしまい、割れてスカスカな見た目になってしまいます。

前髪に付けるワックスは最小限に!手に残ったワックスを意識しよう!

ワックスの付けすぎによって前髪が割れてしまうことへの対策としては、単純ですがワックスを付けすぎないようにするしかありません。

具体的には、髪にワックスを付ける時は前髪を最後にするようにスタイリングするのがコツ。

まず、頭のバックやトップなど髪の量が多い部分に優先的にワックスを付けていき、サイドやアウトラインを整えます。

そして最後に手に残ったほんの少しのワックスだけを使って、前髪をスタイリングしていきましょう。

そうすることで、前髪にワックスが付きすぎて割れてしまうことを防ぎ、自然な仕上がりでかっこいい前髪を作ることが出来ますよ。

原因その3 前髪が薄いのは生え癖のせいかも?

髪型 画像「髪も短いし、しかも細かったり毛量が少ないわけでもないのに前髪が割れてしまう・・・」という男性は、前髪の生え癖のせいかもしれません。

実は、髪の生える向きや生え方というのは人それぞれ個人差があり、ひとりひとりその形や癖が違うもの。

特にその癖が出やすいのが前髪で、おでこの部分にある生え癖がバラバラの方向を向いている人は、前髪を下ろした時に毛先が揃わずスカスカで割れてしまうのです。

ドライヤーによるブロー作業で生え癖を矯正しよう!

そんなメンズにおすすめなのが、ドライヤーを使って前髪の向きや生え癖を矯正するという方法!

また、今さら聞けないメンズの髪セット!ワックスは付ける前が一番大事!?で紹介したように、男性が髪をセットする際は必ず

髪を濡らす → ドライヤーで乾かしながら形を作る → ワックスを付ける

という順番でスタイリングを行うと思います。

その時に、下記の動画を参考にしてブローしながら前髪を作ると、割れずに綺麗に揃った前髪をスタイリングすることが出来ますよ。

また、髪型が似合わない理由は生え際にあった?原因と男のヘアスタイル事情でそれぞれの生え癖・生え際の形に合ったヘアスタイルを紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

原因その4 薄毛になると髪が細くなり、密度も薄くなってしまう!?

今までご紹介したすべての対策法を試しても前髪がスカスカで割れてしまうという男性は、AGA(男性型脱毛症)を疑った方がいいかもしれません。

AGA(男性型脱毛症)とは、名前の通りいわゆる薄毛やハゲのこと。

薄毛やハゲと聞くと「でもそんなに髪の毛が抜けたりしてないし・・・」と感じる方もいるかと思いますが、実はAGAの症状はそれだけではありません。

AGAが発症すると、

・徐々に髪が細くなり、コシがなくなる
・頭皮が弱くなり、髪の密度が少なくなってスカスカになる

など、前髪が割れたりスカスカになってしまう直接的な原因を引き起こしてしまいます。

しかもAGAによる薄毛やハゲは自然治癒が難しく、放っておくと症状は悪化するばかりと非常に厄介なもの。

もちろん人によって症状が広がるスピードや範囲などに個人差はありますが、それでもAGAはいつかは必ずハゲてしまう病気。

すぐにでも手を打つ必要があります。

また、「最近髪の分け目から地肌がはっきり見えるようになってきた」という方もAGAである可能性が高いので、そういう場合はすぐにお医者さんの診断を受けたり育毛剤を検討するなど、薄毛の対応をしていく必要があります。

もうハゲは怖くない!薄毛でも前向きになれる2つの方法【男の悩み】

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「割れる?スカスカ?前髪が薄いメンズに教えたい4つの原因と対策!」というテーマでお送りしました。

男性がヘアセットをする際に前髪が上手くキマらないのは、必ず何か原因があるはず。

その原因を探っていき適切に対処していくことで、前髪が割れたりスカスカになったりする事態を防ぎ、自然でかっこいい前髪を作ることが出来るようになります。

おしゃれメンズのみなさんも、ぜひ今回の記事を参考に理想の前髪作りにチャレンジしてみてくださいね。

 

また、どうしても薄毛が気になるという方には、「ブブカゼロ」という育毛剤もおすすめ!

今なら初回限定キャンペーン中で、定価の73%オフで購入することが出来ます。
詳細は下記よりどうぞ。

ブブカゼロを公式サイトで見る
(ブブカゼロのお得な購入方法についてはブブカゼロ(BUBKAZERO)のお得な買い方とは?口コミ・レビューまとめで解説していますので、ぜひご覧ください)


関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です