足が太い男性にスキニーはNG?メンズファッションはパンツ選びから

メンズパンツ ファッション

みなさんは、「おしゃれなスキニーパンツが足が太いせいで履けない・・・」「スキニーパンツを履こうとすると太ももでひっかかってしまう・・・」

なんて経験ありませんか?

最近のメンズファッションは、IラインやYラインなど細めのシルエットがトレンド。

特にそのトレンドファッションを支えているのがスキニーパンツというアイテムで、太ももからふくらはぎまでピッタリと脚にフィットするほど細く作られているシルエットのパンツです。

しかし、その流行の最先端であるスキニーパンツですが、そもそも平均よりスリムでスタイルの良い男性にしか履けないほど細く、多くの男性が上手く履きこなせないことで悩んでいるようです。

そこで、今回はそんなスキニーパンツを上手く履きこなせない男性に向けて、おすすめのファッションや解決方法をご紹介していきます!

【メンズ】ファッション初心者こそシンプルな着こなしを目指そう!

スキニーは諦めて!足が太い男性のおすすめファッション

メンズ悩み

まずは、スキニーパンツは諦めましょう!

身も蓋も無い言い方かもしれませんが、足が太い現状ではどう頑張ってもスキニーパンツを履きこなすことが出来ません。

「それじゃ解決にならないじゃん!今時のファッションをしてみたい場合はどうするの!?」

と思ったあなた、安心してください!

スキニーパンツを履く理由は、IラインやYラインを作るために細めのシルエットを作ることでしたよね?

つまり、足が細く見えればいいのです。
スキニーパンツじゃなくても、スリムに見えるような今時のかっこいいファッションであればいいのです。

そのために足が太い男性が目指すべきなのは無理をしてスキニーパンツを履く選択をすることではなく、スキニーパンツのように足が細く見えるファッションや、足元をスリムに見せる着こなし方です。

それでは、一つずつ解説していきましょう。

最適解はテーパードパンツ

テーパードパンツ ファッション

もっとも確実で適した方法は、スキニーパンツの代わりにテーパードパンツを選ぶこと。

テーパードパンツとは、太もも部分のみ太く作りゆとりを持たせ、膝から下にいくにつれ細くなっていくシルエットのパンツのこと。

足が太いという男性のほとんどはお尻が大きいか太ももが太いかに分類されるので、このテーパードシルエットのパンツを選択することでスキニーに近いスリムなシルエットを表現することが出来ます。

特に、画像のようにコートなど丈の長いアイテムを使ってYラインを表現する場合は、テーパードパンツを履くことで太ももが太くても全体のシルエットに影響を与えず、スリムな印象を崩すこともありません。

今ではユニクロやGUなどでも安価にテーパードタイプのパンツが売ってありますので、ぜひお店で試着して必要に応じて裾上げまでしてもらい、太ももが太くてもスリムなシルエット作れるそのデザインを体験してみてくださいね。

靴選びも見過ごせない重要なポイント

メンズ ファッション

テーパードパンツを無事手に入れて履いてみたら次は靴にも注目してみましょう。

足元をスリムに見せスタイルアップしてくれる靴を選ぶ際のポイントは、パンツと同系色の靴を選ぶこと。

そうすることでパンツと靴の境目を誤魔化し自然に見せる効果があり、スリムで脚長な印象を与えることが出来ます。

また、足首が隠れるほどのハイカットな靴は足を短く見せてしまう効果があり、逆にローカットなど足首が露出するようなデザインの靴は足元をすっきり見せる効果があるので、ローカットの靴を選んだ方が足元をスリムにスタイル良く作り上げることが出来ます。

テーパードパンツの裾をロールアップすることで更にスリムな印象に

メンズロールアップ ファッション

先ほどの靴の選び方と同じ考え方なのですが、パンツの裾の長さも重要なポイント。

パンツの裾が長すぎて靴にひっかかってしまいダボつくと、足が太いようなスタイルの悪い印象を与えてしまいます。

なので、パンツを購入する際には、実際に試着をしてみて裾が足首より少し上に位置するくらい裾上げしてもらうか、足首など素肌が少し見えるようにロールアップしてもらうことで、更にスタイル良くすっきりとしたシルエットを作ることが出来ます。

そもそも足が太い原因って?

ファッション まとめ

そもそも、男性女性に関わらず足が太い原因とはどのようなものがあるのでしょうか?

その原因を探ることで足が細くなる方法を突き止めることが出来るかもしれませんし、これから気を付けることで今以上に足が太くなることを防げるかもしれません。

サッカーや陸上の短距離など運動が原因

太ももだけが太い原因は、運動によって太ももに筋肉がついてしまっていることにあるかもしれません。

運動には、体を動かすことによって脂肪を燃焼し足も細くなってくれるようなイメージがありますが、実はサッカーや短距離走のように瞬発力の必要な運動は足に必要以上に筋肉をつけてしまい、かえって足が太くなってしまう結果になることがあります。

これを防ぐには、瞬発力よりも持久力を必要とするマラソンのような運動を行うと、太い筋肉から細い筋肉に代わりますので脚痩せには効果的です。

逆に運動不足が原因の場合も!

お尻が大きくてパンツが入らないという場合は、今度は運動不足が原因かもしれません。

運動不足の方の場合、お尻付近にあまり筋肉がついておらず脂肪が多く溜まっている可能性があります。

セルライトなどは太ももやお尻に溜まりやすく落とすのが難しい部位になってしまいますので、まずはウォーキングやジョギングなどでゆっくりとお尻を引き締めていくと良いでしょう。

また、筋トレの中でも特に下半身に効くことで有名なスクワットなども、お尻を高く引き上げ引き締めてくれるので効果的です。

結論!スキニーパンツを履くなら痩せるしかない!

スキニーパンツが似合うようになるためには、痩せるしかありません。

しかし、足が細くなくともテーパードパンツを取り入れたり、足元がスリムに見えるようなテクニックでスキニーパンツのような細いシルエットを作ることは出来ます。

みなさんも、パンツ選びやファッションでお悩みの際には本記事を参考にしてみてくださいね。

 


関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です