化粧水だけはNG?男のスキンケアに乳液が必要な理由と付け方とは?

スキンケア 画像

「化粧水でちゃんと保湿してるのに肌がカサカサ・・・」
「ヒゲ剃りした後は肌がヒリヒリする・・・」

みなさんは、こんな経験ありませんか?

男性の肌というのは、意外とデリケートでたくさんの悩みを抱えています。

冬だけでなく夏でも乾燥してカサカサな人も居れば、いかにも男性らしく油っぽくなってしまい、顔がテカってベタベタしてしまう人も居るなどメンズの肌質は様々。

そのため、最近ではスキンケア用品としてもっとも代表的なアイテムである、化粧水を使ってお肌をケアしている「スキンケア男子」が増加しているのだとか。

しかし、ヒゲ剃りのダメージや日焼けなどのせいでお肌が女性以上にデリケートな男性は、化粧水だけではケアしきれないケースが多いことをご存知でしょうか?

そして、そんな悩めるメンズを救う救世主こそ、化粧水に次ぐ第二のスキンケア用品「乳液」なのです。

今回は、そんな化粧水だけではカバーしきれないお肌の悩みを解決するためのアイテム、乳液についての解説や付け方などをご紹介していきたいと思います。

「スキンケア男子」にとっては見逃せない内容となっておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まだ始めてないの?メンズのスキンケアで清潔感を手に入れよう!

そもそも乳液って?化粧水とはどう違うの?

メンズスキンケア 画像そもそも、乳液とはどういう効果を持った化粧品のことなのでしょうか?

乳液とは、「水に油が微細なミセルとして分散している不透明な駅、つまりエマルジョンのこと」だと定義されています。

これをわかりやすく言うと、乳液とは油分を含んだ水のことで、化粧水よりもとろっとした手触りが特徴的な液体のこと。

その主な効果としては、皮膚を乾燥から守るために保湿を維持するというもので、お肌にバリアを張ってくれるようなイメージを思い浮かべるとわかりやすいと思います。

つまり、化粧水と乳液の違いとは、

化粧水・・・美容成分を含んだ水分でお肌にうるおいを与え、お肌のコンディションを整えてくれるもの

乳液・・・油分によって皮膚にバリアを張り、お肌のうるおいを維持し、乾燥などによるダメージを防いでくれるもの

また、乳液はその皮膚を乾燥から守ってくれるという性質から、お肌にうるおいを与えてくれる化粧水との相性がばっちりなため、化粧水と乳液を同時に使う人ことでお肌をケアする人が多いのです。

しかし、中には「乳液までつけるのがめんどくさい」「逆に肌がベタベタしそう」なんて理由で、化粧水だけでお肌をケアして乳液を使わないという男性も居ます。

でも、メンズのスキンケアにおいて、乳液は美肌を保つのには欠かせない存在。

「化粧水だけ」じゃ絶対ダメな理由があるんです。

化粧水の使い方やタイミングは?洗顔後は男もスキンケアしよう!

メンズのスキンケアが「化粧水だけ」じゃNGな理由とは?

スキンケア 画像メンズのスキンケアが化粧水だけじゃダメな理由、それは「化粧水がとても蒸発しやすい液体」だから。

化粧水は様々な美容成分が含まれていることから、お肌にハリやツヤを与え、蓄積しているダメージを和らげてくれる効果を持っています。

しかし、そんな化粧水は実は油分をほとんど含んでおらず、いわばお肌に優しいだけのただの水のようなもの。

いくらお肌のコンディションを整えてくれる液体とは言っても、やはり油分を含んでいないためとても蒸発しやすく、その効果は長続きしないのです。

また、中にはスーっとした爽快感のためにアルコールが配合され、蒸発を促すような化粧水まであるほど。

せっかくお肌にうるおいを与えてくれたのに、すぐに乾燥してしまっては意味がありません。

例えるなら、車を洗車した後にワックスやコーティング剤を何も使わないまま洗車を終えるようなもの。

せっかく車を洗ったのに、その後のケアを何もしないせいでまたすぐに汚れてしまってはもったいないですよね。

なので、調子とコンディションを綺麗に整えたお肌を守るために、コーティング剤やワックスのような役目を持った乳液が必要なのです。

ベタつきやすいお肌のメンズこそ乳液をつけるべし!

スキンケア 画像また、自分の肌質が油っぽくすぐテカってしまうからと、乳液を付けないのもかえって逆効果!

確かに、乳液には油分が含まれていることから、付けすぎるとお肌がベタついてしまう原因となってしまうこともあります。

しかし、それはあくまでも乳液を必要以上に付けすぎてしまった場合だけ!

そもそも顔が油っぽくベタベタしてしまう原因とは、顔の皮膚が乾燥しすぎてしまい、お肌が余分な皮脂を分泌してしまうから。

乾燥してしまったお肌をダメージから守るために、皮脂という油を分泌してお肌を過剰に守ろうとしてしまいベタついてしまうのです。

なのでそんな時こそ、乳液によってお肌を保湿し皮膚を乾燥から守ることで、余分な皮脂の分泌を防ぎベタベタやテカりからお肌を守ることが出来ます。

また、もちろん人によっては顔がテカりやすい人や、ベタベタしてしまいやすい体質の人も居るかもしれません。

しかし、そんな人こそ乳液の持つ保湿力によってテカりやベタつきなどのお悩みを解決することが出来ると思いますので、ぜひ化粧水だけでなく乳液まで試してみてはいかがでしょうか?

乳液の正しい付け方って?コツはムラにならないようにすること!

乳液は化粧水よりもとろみが強い分ムラになりやすく、付けすぎてお肌がベタベタしてしまうことってありますよね。

実は、乳液を上手にムラなくつけるにはちょっとしたコツがあるんです。

少し文章では説明しにくいので、まずはこちらの動画をご覧ください。

この動画のポイントは、乳液を顔の部位ごとに分けて塗っていくこと。

乳液は化粧水よりもとろみや硬さが強いものが多いのでなかなかノビが悪く、一か所に多くついてしまうと周りに伸ばすことが出来ずその部分だけ乳液が濃くなってしまいます。

なので、動画のような泡タイプのものや一般的なクリームタイプのもの、どちらにおいても「おでこ」「ほっぺた」「あご」など部位を分けて、一定量ずつお肌に馴染ませていくようするのが重要なポイント。

そうすることで、付けすぎによるベタつきや付けムラによるテカりなどを防ぐことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、「化粧水だけはNG?男のスキンケアに乳液が必要な理由と付け方とは?」というテーマでお送りしました。

乳液は、化粧水と違って単体での効果が薄いため、人によってはどうしても軽視しがちなこともあると思います。

しかし、化粧水の効果を最大限まで高めメンズのお肌を整えるためには、乳液は必須。

メンズにおすすめの乳液BEST3!男の肌荒れやテカりは防げる!でおすすめの乳液もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

また、さらにスキンケアを極め肌荒れを解消したい人には「ホワイトルマン」という男性用スキンケア医薬品がおすすめ!

今なら初回限定キャンペーンとして、定価より6.000円も安く(76%オフ)購入することが出来ます。

また、全額返金保証付きということで、実質無料で試せるのも嬉しいポイント!

ホワイトルマンを公式サイトで見る
(ホワイトルマンについてはホワイトルマンがおすすめな3つの理由とは?シミに悩む男性必見!で解説していますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください)


関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です